みぐるみん

身ぐるみ脱ぎすて身ひとつ暮らし

「人生のグレートリセット」に伴う再出発準備中の心境を語る。

こんにちは。mimikobitoです。

ご無沙汰しておりました。

はじめに

飼っているクサガメのきっちゃんも無事に、

今年の冬眠明け初ごはんを食べてくれました。

最近いろいろと勉強することや調べることが

怒涛のように押し寄せております。

このブログは6月1日で一周年を迎えますが、

今後の運営について落ち着いて考える

心のゆとりを持てるようになりました。

カオスの海で泳ぐことにしていた初年度が

もうすぐ終わろうとしていますから、

自動的に自分の進みたい方向が、

何かに誘導されるように見え始めています。

人生グレートリセット後の爽快感

この春…わたしは本当に目覚めたのです。

長い長い…なっが〜い、

しつこ〜く続いていた昏睡状態から!

最も重体だったこの4年ほどは、

更年期特有の自律神経失調症状と

感覚過敏によるアレルギー症状により、

自分が何者だったのかも忘れるぐらいの

ハードな人生リセットの谷間に堕ちておりました。

堕ちる前の自分も堕ちている間の自分も忘却の彼方…

おたく…どこのどちらさま?

もはや、今の自分ではないという感覚ですね。

まるっきりの別人。それでいいと思っています。

どこの家の子でどの学校を出てどこで働いて、

独身または誰と結婚して子供が何人いる〇〇さんという在り方。

世俗がいくら常識的レッテル貼りをしたところで、

同じ立ち位置で同じ思想の自分を死ぬまで変えず、

貫かなくてはならないルールなんてないのに。

どんどん進化して変わりたい人は変わればいいのに。

自分に足枷をつけていた愚かな自分。

そんな自分に未練などありません。

沼から這い上がった女性たち

最近では年齢性別問わず、

更年期と言われるような症状で苦しむ人が

激増していますが、大丈夫ですよ!

堕ちきって居直った人間ほど強いものはない。

なんのしがらみも装飾も必要ない。

積み重ねたキャリアがなんやっちゅうねん?

子育てを終えて離婚し全ての安定を捨てて、

自由奔放に再出発した同世代の女性がこう言いました。

学歴?資格?家柄?安定した職?年収の多い配偶者?

そんなもん関係ないし、どーだっていいから。

一回全部手放してみれば大切なものがわかるよ。

中途半端にしがみついて、ちゃんと堕ちてみないから、

いつまでもええカッコして仮面の人生で終わるのよ。

独身のわたしなんて縛りも失うものも少ないですし、

自分が作った家族もなく自由度の点では恵まれていて甘い甘い。

既婚者でそこまで捨てるとは凄まじい意志だなぁ〜と驚きました。

しかも苦労して取得した資格や過去のキャリアすら手放し、

自分が心から惹かれる未体験のハイリスクな道を選ぶ潔さ。

あっけらかんと語る、その女性に勇気をもらいました。

年齢なんかどーでもいいし。

明日人生が終わったってそれはそれでいい。

何度も消えたいと思ったぐらいだから。

新しい要素で自分を構成しなおせたなら、

思い立ったタイミングで、

生きてる限り何度でもやり直せますから。

なぜかわたしの周りの友人知人は既婚者でも、

豪快なちゃぶ台返しリセットした結果幸せな人…

そういえば多かった気がします(笑)

自分にとっての成功を感じる

読者数の少ない小規模ならではの特権ですが、

コメント欄の読者さんとの交流は大切にしています。

常に人命救助と同じ熱量…全力で取り組みます。

大袈裟だと思いますよね。でも本当です。

わたしは救命救急センター育ちなので、

どうしても当時の気質が抜けないのです…。

非日常の何が起こるかわからないER空間では、

計画通りに進まない全体の背景に気を散らせながら、

目の前の相手に瞬間で全力を注ぐという癖がつきます。

 

ブログというこの仮想空間に、

いろんな想いを抱く個人が自由に出入りし、

刺激を交換し合いながら、

各自の心に何かが刻まれて残っていく。

実際、わたしは頂くことばかりですが、

交流から起こった化学反応としての気づきが

目に見えない莫大な資産を産み続けています。

わたしは「大富豪みみこびと」になれました。

わたしにとって人生の成功とは…もしかすると、

この豊かさの感触なのかもしれません。

物も人も手放して死ぬ時はひとりになりますが、

自分の哲学の要素となった

目に見えないこの資産だけは、

唯一死の瞬間も肉体を終えた後も残ります。

脱線して突き抜けちまった残念なわたしよ…

追い込まれて精神を病み発語を忘れ、

ひとりぼっちでズタボロで泣き叫び、

いのちの電話」の連絡先を握りしめ、

のたうちまわって無意識につかんだもの。

いちばん欲しかったもの…

これだったんじゃないですか?

おわりに

読者さんとのやり取りに情熱を使い切った日、

わたしは倒れ込むようにヘトヘトになり、

充実し満足して一日を終えます。

秒で眠りに落ち熟睡します。

だから…記事を書いていない日でも、

記事を更新したと勘違いするのです(笑)

そんなわけでサボっていたわけではありません…と、

更新が滞った都合のよい言い訳にさせてもらいます!

 

現実は甘くありません。

父親の本格的な介護も控えています。

目に見えている環境はすぐに変わらなくても、

自由意志によってわたし自身の世界は必ず変えられる。

極東での立ち位置を更に自滅の方向へと導く、

愚かな政権のもとで国家存続の危機であることも事実です。

余計な干渉をしたツケを国民が被ることになるのは

目に見えていますね。もう悪事は見抜かれていますよ。

どれほど国のリーダーが愚かでも、

目を覚ました国民は潜んでいて観察しています。

国を見切った賢い国民たちは群れずに緩く横に繋がります。

各自が自分軸の世界を築きながら生き抜く覚悟と、

国家リセット後に助け合う心構えができています。

世界中で目に見えない新たな関係性が既に繋がっています。

今、静かにしゃがんで耐えている若いみなさんが主役となり、

必ず生き残ってくれるからわたしは安心しています。

破壊の後は必ず再生が起こるから大丈夫なのです。

国が滅んでも民は残る。

では、今後もしばらく不定期更新となりますが

いろいろと人生リニューアルしていきます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。